代表紹介

  • 小林 篤史

    1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。

    ビオラ整骨院グループ代表
     柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、心理カウンセラー
     治療プログラムクリエイター、ウィルワンセミナー講師

    DVD「肩こり施術革命」「腰痛シンプル化計画」ともに医療情報研究所

    「肩こり施術革命」小林篤史のブログ

はじめに

日本の国民病ともいえる、肩こり。
業界に入ってから、正直「肩こりは揉んでいたり、ストレッチをしていれば治る」と考えていました。しかし整骨院を開業後、肩こり、そしてそこから派生する頭痛の患者様の異常な数に気づき、肩こり施術へ本格的に取り組みました。

世間で、「肩こりはストレッチすれば治る」と言われていますが、実際肩こりや筋緊張性頭痛の原因となるのは、ストレッチで伸びない、もしくは伸びづらい筋肉であり、ここを伸ばすのには困難なことです。
またこっている筋肉だけ伸ばしても、周りの筋肉との関連性、特に筋膜上のつながりを改善しないとすぐ元に戻ってしまいます。

筋肉を緊張させる自律神経の乱れ、またそれが持続することで筋肉の質まで変わってきてしまいます。そのような状態では、身体にかかるストレスも増加してきます。
ストレスも精神的なものだけでなく、その他のストレスも視野に入れていく必要がありますし、心理的もしくは社会的要因による肩こりも存在する事に気がつきました。

肩こりは適切な施術と対策を行えば、たいてい改善してきます。ただその施術が上手くいかなかったり、自宅での対策が分からない等徹底できていなかったりすると、なかなか改善しないものです。

「肩こり整体」では施術だけでなく自律神経調整やストレス管理法など、自宅においての対策法まで盛り込んでいます。患者様の皆様が肩こりを知り、その対策が出来るよう、前向きの姿勢で取り組んで頂きたく思います。

「日本の国民病である肩こりと革命的に闘う」
この使命の元、日々の施術と後進の育成に力を注ぎたいと思います。
 

DVD